ドラリオンが日本に上陸♪
ドラリオンが日本に上陸♪



ドラリオン 感想

ドラリオン感想 もう一度観たいです♪

ドラリオン、2007年〜2008年の日本中が熱い感動!
ドラリオン公演を観ての感想は、素晴らしいの一言に尽きる!
とにかく感動した!と誰もが口をそろえています。

ドラリオンでのシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンスは、もう
彼自身の人生にも活きてくるものなのでしょう。

ドラリオンで、心に大きく残ったのは4エレメンツの存在です。
古来から自然界を構成するとされてきた「空」「水」「火」「土」
の4つのエレメントは、まるでおとぎ話のようです。

ドラリオンの世界では、4つのエレメントは完全な調和を求めて、
争ったり離れたりしながらも、少しずつ互いを理解しながら、一つ
になることを目指すのです。

ドラリオンでは、クラウンという存在の楽しさ・・・
3人はどこか遠くの国からやってきたファミリー。
ショーのスタート前から会場を盛り上げる。

ドラリオンの理想を導いているかのように、力強く神秘的な大いなる
魂の力で歌うシンガー。
どこの国の言葉でもない、でも、聴いたことがあるような不思議な
言語をサウンドに乗せて歌います。

7人のミュージシャンも偉大な存在感があり、アーティストの息遣い
も伝わってきて、ドラリオンならではの生きた音楽を奏でていました。
時に穏やか、また時に激しく情熱的な彼らの音は、会場全体の時空を
自由自在に動かしているかのような感覚でした。

ドラリオンで、リトル・ブッダの存在もベリーグッドでした!
特殊な能力で、自在に『魂』になることができる「選ばれし存在」。
しかし、本人は普通の子どもになりたいと願う。
全てを受け入れる多様な価値観のシンボルとしてのリトル・ブッダ。

ドラリオンで、もう一度彼らに会いたいと思うのは自分だけではない
はずです
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10525618
この記事へのトラックバック